ブッフェスタイルのバイキング

現在、最も勢いがあるホテルのレストラン料理として知られているのがブッフェスタイルのバイキング料理ではないでしょうか。様々な料理が並べられており、そこから自分が好みの料理を好きなだけ選ぶことができるのがバイキング料理の大きな特徴です。日本でも以前から朝食バイキングが知られていました。また、最近では高級ホテルにおいてもブッフェスタイルのバイキング形式を採用しているところが多くあります。

フランス料理やイタリア料理などを提供しているホテルも人気がありますが、女性のグループや、ご家族連れなどからは、様々な料理を食べることができるホテルのバイキングも人気があります。バイキングの魅力のひとつは、複数人で訪れたとしても、それぞれの自分が好きな料理を好きなだけ皿に取り分けて食べることができるところです。また、普段なら食べない料理を体験することができるのもバイキング料理の特徴です。

ホテルのレストランの中では、果物やスイーツをバイキングのメニューとして提供しているホテルもあります。すすきのの東急REIホテルのランチのバイキングのようなデザートブッフェなどは、女性客から特に人気です。

ホテルシェフが目の前で仕上げる「実演メニュー」をはじめ、バラエティ豊かな洋中40品以上とパティシエ特製のデザートがブッフェ形式でお楽しみいただけます。
ソフトドリンク飲み放題で、ランチ&ティータイムにもぴったりです。

もしホテルでバイキング料理を食べてみたいと希望している人は、まずはじめにランチの時間帯で探してみることをおすすめします。